いらっしゃいませ。
ログイン

個人のお客様は会員登録なし
でもご購入いただけます。

会員ログイン(個人・法人共通)

ご登録のメールアドレス

パスワード

▶パスワードをお忘れの方

配送状況確認

お問い合わせ番号(必須)

ご注文された電報のお問い合わせ番号から、配送状況を確認できます。
※配送情報の反映はリアルタイムではなく、若干の時間差があります。

プライバシーマーク
norton
instagram
twitter
  • 電報を
    選ぶ
  • お届け先
    入力
  • メッセージ
    入力
  • 内容の
    ご確認
  • ご注文
    終了

弔電一覧       
電報料金には最大350文字までの文字料金を含んでいます。

お悔やみ・弔電一覧のページです。
For-Denpoでは低価格で高品質な弔電を取り揃えています。
インターネットなので24時間の申込みが可能。簡単便利にご利用いただけます。
支払方法も、クレジットカード払い・楽天銀行払い・コンビニ払い・NP後払い・請求書払い(法人様のみ)と選びやすく豊富です。お届けは全国最短当日配達が可能です。(一部エリアを除く)

お悔み電報一覧

1,039 円(税抜)

1,122 円(税込)

(送料・文字料金含む)
故人を偲んだ“想い”を穏やかな深い紫に、二つが寄り添う菊柄を配したお悔やみ電報台紙です。

1,172 円(税抜)

1,265 円(税込)

(送料・文字料金含む)
哀悼の想いを込め、静寂を表した落ち着きのある雰囲気のお悔やみ電報台紙です。

1,805 円(税抜)

1,949 円(税込)

(送料・文字料金含む)
グレー色の揉み和紙を基調に帯をあしらって、薄墨色で「弔」の文字を配したフォーマルなお悔やみ台紙です。

1,890 円(税抜)

2,041 円(税込)

(送料・文字料金含む)
黒色のもみ和紙にお世話になった方を偲び、薄墨色で「弔」の文字が印刷された越前和紙電報です。

1,890 円(税抜)

2,041 円(税込)

(送料・文字料金含む)
紫色の地に故人へ深く感謝するとともに追悼する、薄墨色で「弔」の文字と、台紙にクッション性がある弔電台紙です。

2,000 円(税抜)

2,160 円(税込)

(送料・文字料金含む)
和紙本来の質感がより分かるベージュ地に花と二重唐草模様を薄いグレーで配した越前和紙電報です。

2,200 円(税抜)

2,376 円(税込)

(送料・文字料金含む)
薄紫色の越前和紙を使用した、高貴な印象のお悔やみ電報台紙です。

2,600 円(税抜)

2,808 円(税込)

(送料・文字料金含む)
藍色の素地に押し花が浮き上がるような高級感のある押し花電報です。

2,800 円(税抜)

3,024 円(税込)

(送料・文字料金含む)
落ち着きのある紫色に、グレー色の箔押しをし、献花を押し花で表現しました。

2,750 円(税抜)

2,970 円(税込)

(送料・文字料金含む)
伝統的な文様である露芝を縦糸と横糸を繊細に織り込み、厳粛さと品位を兼ね備えた西陣織電報です。

3,330 円(税抜)

3,596 円(税込)

(送料・文字料金含む)
伝統の立涌文様を用いて、深みのある黒のコントラストが厳かな西陣織電報です。

3,477 円(税抜)

3,755 円(税込)

(送料・文字料金含む)
濃紺色の丹後ちりめんに、「日本刺繍」である絹糸で微細な色合いを表現し、重厚感あるお悔やみ電報です。

6,500 円(税抜)

7,020 円(税込)

(送料・文字料金含む)
浮き彫りを施した会津塗りの伝統美と高級感があり、中敷は黒のスウェード。厳かなお悔やみ電報です。

4,500 円(税抜)

4,860 円(税込)

(送料・文字料金含む)
紫のプリザーブドフラワーと甘く清浄な白檀の香りのお線香がセットになっている商品です。

4,500 円(税抜)

4,860 円(税込)

(送料・文字料金含む)
清らかな雰囲気のプリザーブドフラワーと玉初堂のお線香がセットになっている商品です。

弔電とは

突然の訃報に、事情があって告別式や葬儀に参列できない場合、お悔やみの気持ちを伝えるのが弔電です。
即日お届けができるFor-Denpoの弔電サービスをご利用ください。(一部エリアを除く)
弔電はお通夜・ご葬儀・告別式のいずれに送っても構いませんが、できるだけ告別式の前までに届くように手配をしましょう。
お悔やみへお送りする弔電は故人のご冥福をお祈りするとともに、フォーマルな台紙タイプや供花、お線香付きの商品などを取り揃えております。
参考となる豊富な文例集をご用意していますのでお客さまにあった弔電文をお選びいただけます。
弔電のマナーとしてメッセージには忌み言葉や不幸が重なることを連想させたりする表現には特に気をつけましょう。
初めて電報を打つ方へも分かりやすいお役立ち情報で、弔電の送り方ページをご用意していますので、ぜひ参考にされてください。

TOPに戻る