お役立ち情報

ログイン

TOP
>
電報コラム
>
結婚式を急遽欠席する場合のマナー

結婚式を急遽欠席する場合のマナー

結婚式に招待されて、出席すると返事をしていたのに、急遽欠席せざる得ない場合が稀ですがおきてしまうこともあります。そこで今回は、結婚式を急遽欠席する場合のマナーなどをまとめました。
ぜひご参考にしていただき、精一杯のお祝いをしたいものです。

目次

結婚式を急遽欠席する場合のマナー

(1)欠席を伝える時期と手段は

結婚式に出席をすると返事をしていたのに、急遽欠席せざる得ない場合は、すぐに先方に必ず電話で連絡をしましょう。その際には、欠席の理由を伝えるとともに、謝罪の気持ちを丁寧に伝えましょう。

(2)欠席する理由は

急遽の場合であっても「身内の不幸」や「体調不良」などはお祝いの前にはネガティブでタブーです。
ですから、「詳細は後日に改めてお話しさせていただきます。」などと多少曖昧な説明にしておく方がよいでしょう。事前にスピーチなどをお願いされていた場合は、先方と相談し先方の判断に任せるようにしましょう。

(3)欠席した場合のご祝儀は欠席であっても、ご祝儀は渡します。

相場としては、出席した場合と同額です。 また、フォローする意味でも、お祝いの気持ちを伝えるために電報を送りましょう。 新郎新婦を心からお祝いしようという気持ちが大事です。

急遽欠席の場合の電報の送り方

結婚式を欠席する方も新郎新婦の方もお互いにとても残念なことです。
For-Denpoの電報をご利用のお客様の傾向と事例を参考にご紹介いたします。

(結婚式を急遽欠席する場合の電報送り方動向調査)

グラフの傾向をみると電報だけでなく、電報とお祝いの品がセットになったギフト電報を利用されている方が約40%と最も多い結果です。その背景には「出席できなかった事のお詫びの気持ち」や「心から祝福したい気持ち」がうかがえます。
ちょっとした、このような「気遣いという気持ち」がとても嬉しいですね。
急遽ではありますが、結婚式を欠席せざる得ない場合、参考にしてください。

>メタルゴールド電報のお申込みはこちら

>グレース・ベア電報のお申込みはこちら

>プリザーブド セレナ電報のお申込みはこちら

>ガジュマルイエローメッセージ電報のお申込みはこちら