お役立ち情報

ログイン

TOP
>
特別な日に贈りたいお祝いのお酒
  • 電報を
    選ぶ
  • お届け先
    入力
  • メッセージ
    入力
  • 内容の
    ご確認
  • ご注文
    終了

結婚式や就任祝い、誕生日などシーンを問わずお祝いの席に欠かせないお酒。
シャンパンやワイン、ウイスキー、日本酒など贈る相手に合わせて好みのお酒を選ぶことで特別な一日をより華やかに演出してくれます。
自分では気軽に手に取らないものこそ、贈り物としてもらうととてもうれしいものです。
特別な一日に、メッセージと共にお祝いのお酒を贈ってはいかがですか。

お祝いにシャンパンを贈る由来

お祝いのお酒の定番といえば『シャンパン』。
なぜお祝いでシャンパンを贈ったり、飲まれるようになったかご存知ですか?
シャンパンの泡には「幸福」という意味があります。
シャンパンをグラスに注ぐときに絶えず泡が立ち上がる様子から、「幸せが沸き上がる」「絶えない幸せ」という意味をもち、お祝いの場に贈られる定番のお酒になりました。
また、パチパチと弾ける泡の音が拍手の音のように聞こえることから「天使の拍手」とも呼ばれています。


シャンパンと
スパークリングワインの違い

スパークリングワインは、3気圧以上のガス圧を持った発泡性ワインの総称で、シャンパンもスパークリングワインに含まれます。
フランスのワインの法律で規定された条件を満たしたものだけが『シャンパーニュ(シャンパン)』と名乗ることができます。
条件には造られる地域やぶどうの品種、製造方法などの項目があります。
まず産地ですが、フランス最北のワインの産地シャンパーニュ地方で、伝統的に作られるスパークリングワインだけがシャンパンとして売り出すことができます。
その他にも使用するぶどうの品種は白ぶどうは「シャルドネ」、黒ぶどうは「ピノ・ノワール」「ムニエ」などの7種のみと定められています。

【醸造方法】
白ワインを瓶内で発酵させるシャンパーニュ方式(瓶内二次発酵)が代表的な醸造方法です。
白ワインを造り、酵母と糖分を加えて瓶内でゆっくりと時間をかけて発酵させます。
酵母が糖分を食べて分解することで炭酸ガスが生成され、発生したガスがワインの中に溶け込んでいきます。
その後、瓶の中で最低でも15ヶ月熟成させることにより決めの細かい泡の出るシャンパンとなります。
なお、ヴィンテージは36ヶ月、プレステージ(特級)は60ヶ月間熟成され、熟成期間が長いほど複雑なフレーバーが生まれ香りと味わいが豊かになります。

その他にも使用するブドウ面積当たりの収穫高など細かな規定があり、そうした条件と品質検査に合格したものだけが、ラベルにシャンパーニュ(シャンパン)と記載して売り出すことができます。


お祝いのお酒 商品一覧

5,600 円(税抜)

6,160 円(税込)

(送料・文字料金含む)

7,500 円(税抜)

8,250 円(税込)

(送料・文字料金含む)

7,000 円(税抜)

7,700 円(税込)

(送料・文字料金含む)

8,400 円(税抜)

9,240 円(税込)

(送料・文字料金含む)

9,200 円(税抜)

10,120 円(税込)

(送料・文字料金含む)

9,600 円(税抜)

10,560 円(税込)

(送料・文字料金含む)

10,100 円(税抜)

11,110 円(税込)

(送料・文字料金含む)

10,500 円(税抜)

11,550 円(税込)

(送料・文字料金含む)

35,000 円(税抜)

38,500 円(税込)

(送料・文字料金含む)

9,500 円(税抜)

10,450 円(税込)

(送料・文字料金含む)

4,900 円(税抜)

5,390 円(税込)

(送料・文字料金含む)

7,200 円(税抜)

7,920 円(税込)

(送料・文字料金含む)

6,000 円(税抜)

6,600 円(税込)

(送料・文字料金含む)

6,000 円(税抜)

6,600 円(税込)

(送料・文字料金含む)

7,100 円(税抜)

7,810 円(税込)

(送料・文字料金含む)

4,700 円(税抜)

5,170 円(税込)

(送料・文字料金含む)

お酒の歴史

普段口にすることも多いお酒ですが、お酒の起源をご存知ですか?
お酒の歴史はとても古く、最も古いのがワイン、その次にビールといわれています。
諸説ありますが、ワインは紀元前8000年頃コーカサス山脈(現在のジョージアのあたり)で飲まれていたとされています。
「液体のパン」とも呼ばれるビールは、紀元前4000年頃のメソポタミアで、放置してあった麦の粥に酵母が入り込んで自然に発酵したのが始まりといわれています。
日本では、古事記や日本書紀にお酒の話が登場しており、ぶどうも古事記や日本書紀に記載がありますがワインの製造には至りませんでした。
その要因として、米を中心とした穀物から酒が造られ、奈良時代には麹を使った酒造りの製造方法『日本酒』が確立していたためといわれています。
その頃のお酒はとても神聖なもので庶民が自由に飲むことはできず、神にお供えして豊作や無病息災を祈る際に飲まれていました。
現在でも神前のお供えや、結婚式の三三九度などでその風習が残っています。

江戸時代前期にオランダやポルトガルから、ワインやビール、ウイスキー、ブランデーなどが日本に上陸しました。
江戸時代に入って流通の広がりとともに、武士や町民の間で嗜好品としてお酒を楽しまれるようになりました。
明治維新以降になると、ビールやワインなどの外国のお酒を飲むことが豊かな生活の象徴となり、洋酒も様々な人々に飲まれるようになりました。
そして現在では様々な国のお酒が流通して日常的に楽しまれ、お祝いの席で欠かせないものとなったのです。


お祝いのお酒をもらった方の声

  • 友人から結婚祝いでシャンパンと祝電をいただきました。
    電報はメッセージだけのイメージでしたが、シャンパンがセットになっていたのでとてもサプライズ感があり感激しました。
    旦那さんと二人でいただきたいと思います。
      20代 女性
  • 同期から結婚祝いで日本酒の飲み比べセットをいただきました。
    二人共日本酒が好きなので、好きなお酒を贈ってくれたのだと思います。
    おしゃれな枡も付いていたので、飲み比べした後インテリアとして飾りたいと思います。
      30代 女性
  • 就任祝いに取引先から祝電とシャンパンをいただきました。
    取引先からこのような祝電をいただけるとは思っていなかったので、仕事上のお付き合いにも関わらず温かい心遣いに感激しました。
    これからもこの関係を大切にしていきたいと思います。
    また、私もこのような機会があれば使わせていただきます。
      50代 男性