お役立ち情報

ログイン

TOP
>
冠婚葬祭のマナー
>
結婚式のマナー<祝福をされる側>

婚 人生の節目のお祝い 結婚式<祝福をされる側>

披露宴を欠席した人や招待していないのに結婚のお祝いをしてくれた方へ、お礼や感謝のお返しをするのが礼儀です。
その場合、お祝いの金額3分の1から半額ほどの品物をお返しするのが一般的です。また内祝いのほか、お世話になった方へのお礼のご挨拶も大切なことです。

結婚内祝い

結婚のお祝いをしてくれた方へ、内祝いをするのが一般的です。挙式後、または入籍後1ヶ月以内で早いうちに内祝いをします。内祝いには表書きを「内祝」、「結婚内祝」、「寿」にし、下の段には新しい姓で2人の名前を書き、紅白10本の結び切りののしをかけます。

ご挨拶

結婚式や披露宴でお世話になった方へのお礼のご挨拶は、ハネムーン後10日以内にします。
ハネムーンのお土産や挙式の記念写真などを持って、両親、親戚のところに行くと良いでしょう。

結婚式のお礼電報

お礼や感謝の気持ちと、幸せな二人の様子を伝えるとよいでしょう。

結婚式のお礼文例
一 般
私たちの門出に際し、お祝いをいただきありがとうございました。
二人で力を合わせて幸せな家庭を築いていきます。
これからもよろしくお願いいたします。
欠席された方へ
心温まるお祝いをいただきありがとうございました。
二人で力を合わせて幸せな家庭を築いていきます。
ぜひ、遊びにいらしてください。
文例集を見る